ルバーブのジャム ♪

ルバーブのジャムを作りました!

画像




ルバーブ(Rhubarb:Rheum rhaponticum L)はタデ科の多年草で、見た目は大きなフキ。
茎が緑のものと赤いものがあります。
寒いところが大好きで、横浜で育てるのはとても難しいです。特に赤い茎のものは弱くてすぐに枯れてしまいました。

家のルバーブはホームセンターのハーブコーナーで見切り品を50円で購入。




はじめは葉が2枚ありました。



画像



  葉にはシュウ酸が含まれていて
  人間には食べられません。
  しかも芽には毒があります。

  食用にできるのは、茎の部分。
  赤い茎だとピンクのジャムになり
  見た目もとってもきれいです。










画像









  でも、でも・・・虫ってすごい!
  あっという間に葉が一枚に。








              *そして、悲しいかな現在の姿です。*

画像






では、どうしてジャムができたか?
佐久市に出かけた時に、スーパーで購入しました。
とっても太い茎が7本入って\198なり。





                       ♪おまけ♪

  ジャムの作り方

ルバーブの茎を5cm位に切り、ルバーブの2~3倍(お好みでね!)のお砂糖とレモン1個を絞り、煮詰めていきます。意外と早く出来上がるのでつきっきりでね。
バターと、とても相性がいいのでバターをつけて焼いたパンといただくか、パイにしていただくのが最高です。ヨーグルトに入れてもおいしいです。

ふっふっ・・・癖になりますよお~

ルバーブの本当の姿はここよ。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年08月24日 20:14
はっぱさんとっても不思議な「ルバーム」初めて知りましたよ
それでジャムを作っちゃうはっぱさんの不思議な魅力感じます♪
クリックしたらいきなり大きなはっぱを両手におばちゃん登場でビックリでした!はっぱさんの知り合いの方・・というわけではないのね^^;
ジャム・・・不思議な味がしそう♪
はっぱ
2006年08月28日 19:17
べじまきさん、こんばんは!
いつも見てくれてありがとうございます。
ルバーブは欧米では結構食されているようですよ。大草原の小さな家シリーズや赤毛のアンシリーズにも登場します。日本では軽井沢一帯で購入できます。とっても美味しくって癖になります。軽井沢沢屋さんのジャムが一番美味しかったです。一度お試しくださいね。おばちゃんが可愛らしかったでしょう?ルバーブをとても大事にしているって感じでしたので載せてみました。
2006年08月29日 14:09
ルバーブは、初めて見せていただきました。
シベリア南部原産だそうですから北海道でも育つかも。
毎朝パン食なのでジャムが作れるなんてうれしいですね~。
販売していても気がつかないだけなのかな~これからは注意して見てみます。

この記事へのトラックバック